過去の投稿

September 2013 の投稿一覧です。

平成25年度発達障害者支援者実地研修事業(強度行動障害:厚生労働省委託事業)の参加者を募集します。

自閉症の地域生活をマネジメントする専門家(自閉症総合援助マネージャー)の育成を始めます

自閉症を始めとする発達障がい児(者)が安心して地域で暮らすためには、ライフステージを通じて一貫性のある支援が必要とされます。そのため、支援に携わる者が発達障がいの特性に応じる専門的知識を有するとともに、発達障がいに関する福祉サービス等の利用を理解してマネジメントする専門性が求められます。
そうした実情に基づき、地域移行に関わる利用者への支援、関係機関との情報の共有や協働例、個別的な援助技術や環境の調整、福祉サービスの利用や組み合わせ等について、強度行動障害や行為障害を数多く受け入れて支援をおこなってきている「社会福祉法人萌葱の郷」における実践を軸にしながら支援に携わる方々を対象に実施を含めた研修を行い、二次障害への予防的な対応や支援方法について学ぶとともに、地域におけるケアマネジメント力を高める研修を厚生労働省の委託で始めることになりました。
本研修の内容は、療育実践の紹介のみならず、当法人が「自閉症総合援助センター(※)」として24時間体制で運営しているサービスメニューのすべてを視察していただくとともに、医療や教育、保護者会といった関係機関との連携についても事例を踏まえてご紹介させていだきます。
詳細につきましては、下記にある募集要項や研修内容などをご参照いただき、大分県発達障がい者支援センターまでお申込みください。

※生活支援・発達支援・早期療育・就労支援・余暇支援・相談支援・普及啓発・専門家養成等のサービスメニューを総合的に提供し、自閉症を中心とする発達障がいにある人たちの豊かな育ちと暮らしを目指す社会福祉施設


社会福祉法人萌葱の郷 理事長
全国自閉症者施設協議会 会長
日本自閉症協会 副会長
五十嵐康郎



募集要項・申込書(212KB)[424clicks]
研修内容(149.8KB)[364clicks]
第1クール(118.3KB)[329clicks]
第2クール(118.2KB)[309clicks]

平成25年度大分県発達障がい者支援センター主催講演会

平成25年11月10日(日)に、東京都発達障害者支援センター長であり、日本における自閉症療育のパイオニアであられます石井哲夫先生をお招きして、「保育の理念と実践哲学」のご講演をしていただきます。また、大分県臨床心理士会副会長の矢頭道三先生もお招きし、「児童の保護者及びその家族への支援について」のご講演をしていただきます。最後には「子育て・発達支援における相談ニーズ」というテーマでシンポジウムも企画しております。
平成25年10月31日(木)締め切りとなっております。
講演会の詳細や申込用紙はPDFファイルよりダウンロードいただけます。FAXまたは郵送でお申込みください。

・日時:平成25年11月10日(日)
・会場:B-CON PLAZA別府国際コンベンションセンター 3階国際会議室(大分県別府市山の手町12番1号)
・参加費:1000円
・受付開始9:45 講演開始10:30(午後13:00)

平成25年度講演会のご案内(224.6KB)[734clicks]
平成25年度講演会申込書(91.2KB)[552clicks]